訃報 立花千春さん


tachi02.jpg tachi01.jpg

立花千春さん(たちばな・ちはる、本名山田千春=やまだ・ちはる=フルート奏者)11日、がんのため死去、46歳。仙台市出身。葬儀は16日午前10時30分から川崎市高津区下作延4の1の34の平安会館みぞのくちで。喪主は夫でピアニストの山田武彦(やまだ・たけひこ)さん。

CD「石あそび」で石の笛を吹いていただいた立花さんがなくなられたとご連絡いただきました 初めてお会いしたのは2007年10月 高松テルサでレコーディングをしたときです けいの里で笛を選びリハーサルをした後 ホールで3日間録音しました 私はあまりお話しをする機会がなかったのですが すばらしい録音で今もこのCDの音が大好きです その後東京でのコンサートにお伺いしたのですが最近はお目にかかるチャンスもなく 本日突然の知らせにびっくりし いま録音風景を思い出しながら「石あそび」を聴きかえしています ご冥福をお祈りいたします

Profile  パリ国際室内楽コンクール第3位、ルーマニア国際フルートコンクール第2位、第7回日本フルートコンベンション第1位、他受賞。フランス・トロワ市立音楽院講師を経て、洗足学園音楽大学、上野学園大学・短期大学各非常勤講師。