stone instruments 石の音

What's new

「幸くおはしませ 古事記・ヤマトヒメ物語」

sakiku1.jpg

1.第一幕 明け方 五十鈴川のほとり 19:54
2.第二幕 昼下がり ヤマトヒメの部屋 15:19
3.第三幕 夕暮れ 伊勢の海辺 26:44

かれん (KAREN)
都築香弥子 (KAYAKO TSUZUKI) 語り・歌
小松玲子 (REIKO KOMATSU) サヌカイト・打楽器・作曲


●かれん
ふたりは2015年夏、香川県坂出市を舞台にした映画「カンカンSUN」で出逢う。
小松玲子の音楽、都築香弥子の言葉で一緒に何かをと企画を進め、活動を開始。
お互いの世界を融合させ新しいステージを目指す。
2016年9月「幸くおはしませ 古事記・ヤマトヒメ物語」でデビュー。
2018年9月「竹取物語?呉竹・かぐや姫」等、新作を予定している。

●都築香弥子(つづきかやこ)
愛知県豊田市出身。1月25日生まれ。
1986年から2006年、文学座に所属。芸名・香月弥生
(かづきやよい)として、劇団公演はもとより、こまつ座、
地人会、加藤健一事務所等プロデュース公演や、東宝、
蜷川幸雄演出等に出演。2006年から2010年、劇団
四季に所属。本名・都築香弥子として、多くの作品に出
演。1999年から2000年 文化庁在外研修でパリ留学。
ヨシ・オイダ氏、ジャン・サスポータス氏(ピナ・バウシュ
カンパニー)に師事。「もののけ姫」「ハウルの動く城」
など声の出演も多数。

都築香弥子の想い
初めてその音色を聴いたのは、香川県坂出市けいの里。
奇しくもサヌカイトの生まれた場所だった。玲子さんの奏
でる音は、風や水や大地を思わせた。
それは、大和の地で、れんげやシロツメクサを摘んで無邪
気に笑い、野原を駆け回る、少女のヤマトヒメの姿と重な
った。そして、斎宮として生涯を生きた彼女の人生にも。
自然の音。祈りの音。ヤマトヒメが纏っていた「やわらかな
凛」の音。潔さと切なさを伴うサヌカイトの音色とヤマトヒ
メの言葉が、すうっと溶け込む瞬間を愛おしく思う。玲子
さんとの、「かれん」との出逢いに感謝したい。

●小松玲子(こまつれいこ)
香川県高松市出身。1月25日生まれ。
東京藝術大学卒業。よんでん文化振興財団奨学生。メルボルン
芸術フェスティバル、ボルドー音楽祭参加。全国育樹祭で皇太子
ご夫妻前で演奏。劇団四季「壁抜け男」等初演に参加。パリユネ
スコ国際会議場にて演奏。東京藝術大学非常勤講師を経て、
東邦音楽大学付属第二高等学校非常勤講師。サヌカイト中心
のユニット「LUZAZUL」リーダー。自身のソロアルバム2枚発表。
平成28年度よんでん芸術文化奨励賞受賞。高松市観光大使。

小松玲子の想い
神話は想像力をかきたてられるから好きだ。
古事記に出てくる数々の神様の中で、ひっそ
りと静かな存在であるヤマトヒメが動き出す。
清らかで少し寂しげな空気感がサヌカイトの
透明な音色にピッタリだと思った。二人でしか
出来ない空間がこうしてCDという形になるこ
とを嬉しく思い、またかやこさんの声とサヌカ
イトの音色で歩き出した「かれん」のデビュー
作に相応しい作品だと思う。

●一志 章 (いちし しょう)
金沢大学法文学部国文学科卒。
高校の国語教師を経て、現在は、古典文学の講師を勤めている。
また、「源氏物語」「伊勢物語」などの古典に材をとった作品を多数執筆。
今後の作品は、「竹取物語 呉竹・かぐや姫」「源氏物語 葵の上・六条御息所」ほか。

この物語について

「古事記」には多くの女性が描かれている。いずれも個性的で魅力的だが、
イメージが強固でそのキャラクターは動かし難い。何度も「古事記」を読み
直すうちに、ふとヤマトヒメに目が留まった。初代斎宮として宿命のままに
生涯を過ごした女性。彼女は「古事記」でほんの少ししか登場しないが、
それ故にこそ私の想像力を刺激した。母への思い、初恋の人への思いなど、
一人の女性としての感慨を書いたつもりである。拙い作品ではあるが、
「かれん」のデビュー作にふさわしかった、と自らに言い聞かせ密かに愛着
を抱いている。サヌカイトの音色とヤマトヒメの語りを時折思い出し、誰に
ともなく「幸くおはしませ」と呟いたりする。

sakiku6.jpg

sakiku8.jpg

sakiku4.jpg

sakiku5.jpg



パトリス率いる現在日本をツアーしているフランシスレイオーケストラ 素晴らしい映画音楽がホールに響いています 小松玲子さんがサヌカイトを演奏していて重要な音として多用されています そのまま配信してほしいくらいです まだまだコンサートがあるのでお近くのかたは行かれたらどうでしょう きっと良い時間が過ごせると思います

フランシスレイオーケストラJAPANツアー
10月24日府中の森芸術劇場 18時30分開演
10月25日横浜みなとみらいホール18時30分
10月27日金沢本多の森ホール17時
10月29日神戸国際会館18時30分
10月30日大阪フェスティバルホール18時30分
10月31日京都綾部市中丹文化会館14時
11月01日京都城陽市文化パルク城陽15時

fr01.jpg

fr02.jpg

fr03.jpg
11031.jpg 11032.jpg

高松一高で音楽を学んだ仲間が素敵なコンサートを企画しています
11月3日 サンポート高松第2小ホール 14時開演 3000円です
チケット購入はサンポート高松プレイガイドで

チケット購入申し込みはこのウェブサイトでも可能です
ただし主催者にお伝えしますので当日会場受付にてのチケット受け取りになります


来年の再演も決定した竹取物語 3日間ご苦労様でした

krentake23.jpg

krentake22.jpg

一昨年より活動してきた「かれん」の舞台をCDで楽しめるように
第1作「幸くおはしませ 古事記・ヤマトヒメ物語」が完成しました

sakiku1.jpg

このホームページでも購入できます 価格は3000円です
詳しくはこのCDのページにて


小松玲子「Healing of Sanukite 地球~GAIA~」
発売記念コンサートについて

gaia.jpg

地球と共鳴するサヌカイトの響きに癒されるアルバム「地球~GAIA~」発売記念コンサート
「THE GREAT GAIA MUSIC」より発売のアルバム
サヌカイトの天空から響きわたるような神秘的な音色が脳に心地良い反応を与えます

コンサート終了後、GRAND RINO®ブースにて
11:30~12:30まで小松玲子さん演奏のHealing of Sanukite CD&USB
販売会&サイン会☆を開催します

【日時】8月5日(日)  10:00〜11:00
【場所】癒しフェア会場内(東京ビッグサイト東ホール)
【参加費・定員】4,000円(税込)限定144名

申し込み等はこのサイトから

youtubeでサンプルサウンドが聴けます






karenomote15.jpg karenura19out.jpg


作品「竹取物語 ー呉竹、かぐや姫ー」について
 今回の作品テーマは、母と娘です。
母の子に対する無償の愛、子の母に対するひたむきな思慕。
サヌカイトの音色と共に、幻想的な世界をお楽しみ下さい。
「何ちゅう可愛い子や。ウチの娘。呉竹。今日からウチがお母ちゃんやで。」


■出演 かれん (語り 都築香弥子・演奏 小松玲子)
■作者 一志章
■Photo R.K in粟島 & MiCHiCO
■Title書 香瑩

■公演日時 
平成30年10月6日(土)17時開演
                10月7日(日)13時及び17時開演
                10月8日(月)13時開演
                  開場は開演の30分前

■会場 功徳林寺    電話 03-3821-4469
東京都台東区谷中7丁目6-9  最寄駅  日暮里     

■チケット代 一般前売り5,000円 当日5,500円(税込み)
                        学生前売り2,000円 当日2,500円(税込み)

■お問い合わせ及び予約
かれん 090-2250-2149
サヌカイトホームページからも予約できます


ruriura.jpg okuura.jpg

けいの里周辺で瑠璃光寺の周りを綺麗に片づけています
瑠璃光寺お堂裏にあった壊れた倉庫を取り壊し整地しました
次は壊れた太子堂を片付けする予定です
木を伐採したりして
瑠璃光寺から歩いて10分の所にある奥の院は竹林が侵出してきてひどい状態です
お堂の裏の小屋が壊れていますので取り壊ししています
重機もダンプの入れない場所で人力
なかなかです 時間はかかるけど長い間忘れられていますが
ここにも長い歴史や関わった人たちの思いがこもっている場所
大切にしなければなりません
奥の院は瑠璃光寺がもともと札所だった証なのですから


nishidarec.JPG

小松玲子さんが新しいCDのレコーディングを都内スタジオで行いました
3月19日20日の2日間
ヒーリング用として企画されたものですが
とても素敵な感情のこもったインプロビゼーションサウンドになりました
4月下旬に発売されるはずです
ご期待ください



syourikaiomote2.jpg

■関東笑狸会設立20周年記念
小松玲子サヌカイトコンサート

■日時  平成30年4月9日(月) 16時開場 16時30分開演 17時30分終演予定
会場  東京讃岐クラブ 1Fホール
参加費  1,500円(税込み)
主催 関東笑狸会

■住所〒108-0073東京都港区三田1-11-9
交通アクセス都営大江戸線 東京メトロ南北線 麻布十番駅から徒歩3分
首都高速「芝公園」出口からお車で3分
駐車場平面駐車場有り 10台 無料 先着順(小・中・大型バス及びトラック駐車不可)

■問い合わせ・予約先
関東笑狸会事務局
高井090-2559-3958 または 平尾090-4814-7681
メール  mail@sanukite.com でも予約受付ます

このホームページからも予約できますが
チケットはありませんので当日会場での清算受け取りになります